福祉資格を取ろうよ!【福祉の仕事に就職・転職】

最終更新日: \n"; ?> 福祉資格のTOPへ → 福祉用語「か」行│ サイトマップ

福祉用語か行

介護【かいご】

日常生活に支障がある人に対して行う、移動、入浴、排せつ、食事などの援助。

介護アテンドサービス士【かいごあてんどさーびすし】

民間資格の一つ。病院などで、体位変換、食事・排泄の介助、移動補助などの介護を行う人。

介護支援専門員【かいごしえんせんもんいん】

ケアマネージャー。介護を受ける方(要介護者)が介護サービスを受けるために必要な介護サービス計画(ケアプラン)を作り実行する。要介護者の医療・保険・福祉の橋渡し役としても活動している。

介護認定審査会【かいごにんていしんさかい】

介護保険制度において、二次判定を行う場。一次判定の結果と医師の意見書をもとに、要介護認定・要支援認定を行う。

介護老人保健施設【かいごろうじんほけんしせつ】

介護保険法による施設の一種。医療機関から自宅に戻る間に入所して家庭復帰を目指す、家庭と病院の中間的な意味合いを持っている施設。リハビリや日常生活上の世話などを行っている。

ガイドヘルパー【がいどへるぱー】

身体障害者などが外出する際、付添いを行うホームヘルパー。利用できるのは、障害1級の全身性障害者や視力障害を持つ方など、移動に制限がある人に限定される。

学習障害(LD)【がくしゅうしょうがい】

全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す障害。英語で「Learning disabilities」と呼ばれ、略して「LD」(えるでぃ)と呼ぶ。

義肢【ぎし】

義足や義手など、四肢を失った部分に装着し、機能を補てんするための用具。

グループホーム【ぐるーぷほーむ】

高齢者や障害者が、数人程度で借家やアパート等で家庭的な雰囲気を持って共同生活をする場所。世話人が日常生活の援助を行っている。 高齢者の場合、認知症グループホームなどがある。障害者の場合、知的障害者や精神障害者が共同で生活していて、運営には障害者施設がバックアップしている場合がある。

車いす【くるまいす】

歩行が困難な人のための移動用具。基本的な構造は、座席・大車輪・小車輪とそれらをつなぐフレームなどで構成される。手で車輪を動かす手動式の車いすと、腕の使用が難しい人が使用する電動式の車いすがある。また、障害児用に4輪とも同じ大きさのバギータイプと呼ばれる車いすもある。介護保険ではレンタルにて利用する事ができ、障害者施策では、一定の負担により車いすの給付が受けられる。

ケアプラン【けあぷらん】

個人毎のニーズに合わせた福祉サービスなどを提供するため、ケアマネージャーが作成する介護計画。1ヶ月単位で作成され、サービスの種類・回数・時間帯・事業者等が決められる。

ケアマネージャー【けあまねーじゃー】

介護支援専門員。介護を受ける方(要介護者)が介護サービスを受けるために必要な介護サービス計画(ケアプラン)を作り実行する。要介護者の医療・保険・福祉の橋渡し役としても活動している。

ケアマネジメント【ケアマネジメント】

高齢者や障害者やその家族の相談に応じ、助言すること。また、ニーズを把握してケアプランを作成し、サービス利用に結びつけること。さらに、適切なサービス利用を継続的に確保し、地域生活、社会参加を支援する援助方法。

経費老人ホーム【けいひろうじんほーむ】

老人福祉法による施設の一種で、日常生活の支援を目的とした定額で入所できる施設。給食サービスがあるA型、自炊のB型、ケアハウスの3種類がある。介護保険の施設ではないため、介護認定を受けていなくても利用できる。

ケースワーカー【けーすわーかー】

社会福祉の相談や援助を行う専門家。生活の中で困難や問題をかかえた人への専門的な相談援助を行う。

言語障害【げんごしょうがい】

発声に障害があること。声が出にくい・声が出ない・大きさがを調整できない・声が震える・呂律(ろれつ)が回らないなどの症状があり、意志の伝達が難しくなるコミュニケーション障害も起こる。

言語聴覚士【げんごちょうかくし】

言語に障害を持つ人の言語能力や嚥下能力の回復を図るための訓練等を行う業務に携わる人。1997年に国家資格となった言語療法の専門家である。

高機能自閉症【こうきのうじへいしょう】

3歳位までに現れ、他人との関係の形成が難しい、言葉の発達の遅れ、特定のものにこだわるなどの障害を自閉症と呼ぶ。その自閉症のうち、IQが70以上で知的発達の遅れを伴わない自閉症のことを言う。

高次脳機能障害【こうじのうきのうしょうがい】

脳の障害の一種。新しい事を憶えられない、感情の起伏が激しい、忘れやすいなど、日常生活に支障をきたす障害。

公的扶助【こうてきふじょ】

生活保護。国の基準によって定められた額が毎月自治体から支給される。公費を受給して、生活をすることとなる。

高齢者【こうれいしゃ】

65歳以上の人。

福祉資格を取ろうよトップページへ戻る