福祉資格を取ろうよ!【福祉の仕事に就職・転職】

最終更新日: \n"; ?> 福祉資格のTOPへ → 社会福祉士│ サイトマップ

社会福祉士

社会福祉士とは

社会福祉士は、「社会福祉士及び介護福祉士法」で位置づけられている、社会福祉業務に携わる人の国家資格です。この法律は、昭和62年5月に制定されました。

法律で、社会福祉士は「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業とする者」と定義づけされています。

社会福祉士の職場や仕事内容

社会福祉士は、各種施設に勤務して身体・知的・精神の障がいによって福祉サービスが必要な方の相談を受け、援助などを行う業務に従事します。

また、福祉サービスを的確に利用できるよう各種相談に応じて個人のニーズを捉えて、関係機関や施設内での連携を図ることで社会福祉サービスのコーディネートを行うなど、社会福祉士は社会福祉の中において、相談援助を行う職種に求められています。

ステータス性が高い!

社会福祉士は、主に相談業務に従事しますが、資格がなくとも相談業務をするできます。 よって、相談業務は「社会福祉士だけができる独占業務ではありません」が、取得の困難さから福祉分野でのステータスは高く、信頼のシンボルとして尊敬されています。 相談する側も、福祉に精通した社会福祉士に相談することで安心感が得られます。

ニーズが高まっています

近年、急速に高齢化が進み、ねたきり老人など介護が必要な方の増加が見込まれています。 その一方で、核家族化や少子化などによる世帯規模の縮小や扶養意識の変化により、家庭での介護力が低下しています。

これから、福祉や介護の相談を受けることができる人材を養成して福祉サービスなどを向上させるために、社会福祉士は必要とされているため今後とも活躍に期待が高まっています。

それだけではなく、社会福祉士の資格は、福祉分野への精通度を計る観点から、施設などの職員採用の際に重要視されています。 雇用側として、質の高い職員を雇いたいと思うのは自然のことです。採用のとき、質の高さの尺度として社会福祉士資格の有無を重要視する職場が多くなっています。

合格者数名から聞く社会福祉士試験

まずは、大学生のときに試験を突破したAさんに聞いてみました。

まずは、社会福祉士資格を取ろうと思った経緯を教えてください。
経緯ですか〜。単純に、福祉系大学に通ってたので、とりあえずやってみようかな〜って軽いキモチです。

気負いしないで受験したんですね。大学の勉強をしながらだと大変だったのでは?
せっかく、受験にチャレンジするいい環境にいましたからね〜。大学での勉強との両立は大変でした。睡眠時間削りましたからね。当時は3時間睡眠じゃなkったかな〜。バイトもしてましたし(笑)

大学の勉強だけでどうにかなるものでも無いのですね?
ん〜、やっぱり違います。法的なものは大学側から情報をもらえるんですけれども、福祉現場にいなければ分からないようなことも出題されるので、ここはキツかったですね。過去問解いたりも結構しましたよ。

ということは、独学ですね?
あ、はい。本当は通信で取り組みたかったんですが、学生でお金が無かったので(笑)。通信やっていればもう少し楽に勉強できたかな〜って思います。

試験に突破したコツってありますか?
ひたすら勉強だけやってたので、コツってないですよ。とにかく勉強するってのがコツでしょうか(笑)

努力すれば報われるってことですね?
そうですね。努力です! 効率よく努力したほうがいいですよ♪

次に、福祉分野に就職してから資格取得を目指したBさんに聞いてみました。

それでは、施設で仕事をしながら資格取得を目指した経緯を教えてください。
経緯は単純です。知人が社会福祉士の資格を持ってたんですが、あの人が取れるなら自分も大丈夫だろうってノリです(笑)。持っていれば仕事で役立つだろうなぁとも思ってました。

目指してみてどうでしたか?
本屋でテキスト買って自分で勉強したんですけれども、大変でした。仕事しながらですので、もちろん睡眠時間を削りましたよ。それでも、何回か落ちてますけど。

道のりは険しかったのですね。
マジメに勉強しなかったってのもありますけどね(笑)。途中で辞めようかと思いましたよ。

合格したときの嬉しさは人一倍だったのでは?
やっぱり、すごく嬉しかったですね〜。

仕事にも弾みがつきそうですね。
仕事の内容的にはあんまり変わった気がしないのですが、内面的にはどこか変わった気がしますね。

Bさんは施設に勤務していますが、お若くして頼られるポジションで活躍なさっています。

合格が近くなる学習方法は?

お二人のお話から、独学でもじゅうぶん合格できるようですが、かなりの苦労をしています。 仕事や学業との掛け持ちのため、時間が十分に取れなかったのがポイントのようです。 そこで、独学より経費は少しかかりますが、通信講座がおすすめです。

通信講座の優れたメリットは、サポート体制が整っているところです。 独学だと分からないまま放置してしまう問題であっても講師に質問して回答を得られるので、しっかりとした知識が身に付き、合格へ一歩前進するはず。 メールでの質問もOKなので、分からないことがあったら夜質問して、仕事や勉強から帰って学習を再開するときには回答が届いているので、時間的なロスが少なくて済み、効率よく学習を進めることができます。時間に限りがある社会人や忙しい学生にとって、学習がスムーズに進むことはありがたいですね。

まずは情報収集が肝心です

学習を始める前に、どの勉強方法が自分に合っているか確認しておけば、途中で挫折することも少なくなるでしょう。 書店のテキストが安くても、分からないことばかりで途中で投げ出したのでは元も子もありません。 逆に、お金を払って通信講座に申し込んでも、やらずに放置してしまっては、お金がムダになってしまいます。 そんなムダを避けて合格への最短距離を進むためにも、学習に取り組む前に情報収集することが大事な第一歩です。

まずは、近くの書店に行ってテキストをペラペラめくってみましょう。そこで、自分一人でできるかどうかを軽くチェックしておきます。 それと同時に、通信講座の資料請求をしておきましょう。資料が届いたら一通り目を通して、独学と通信のどちらが自分に合っているか決めれば間違いありません。

資料は無料で請求できますし、意外な情報が手に入ることもあるので、やっておいて損はありませんよ。

福祉資格を取ろうよトップページへ戻る