福祉資格を取ろうよ!【福祉の仕事に就職・転職】

最終更新日: \n"; ?> 福祉資格のTOPへ → 言語聴覚士│ サイトマップ

言語聴覚士

言語聴覚士とは

言語聴覚士(ST)とは、音声・言語・聴覚に障害のある方に対し、機能の維持向上を図るため、言語訓練や必要な検査及び助言・指導などを行います。

職場と仕事

言語聴覚士は、言葉によるコミュニケーションに問題がある方に専門的なサービスを提供し、コミュニケーションの確立を目指す職業です。 医療機関、保健・福祉機関、教育機関などの幅広い場所で活動し、コミュニケーションの面から豊かな生活が送れるように、言葉や聴こえが不自由な方とそのご家族を支えています。

また、食べたり飲み込んだりする作業(摂食・嚥下)の問題にも専門的に対応します。

言葉の重要性

私たちは言葉によってコミュニケーションを取り、気持ちや考えを伝え合いながら生活をしています。 言葉によるコミュニケーションには「言う」「聞く」「知る」などの機能を利用していますが、病気や交通事故で言葉を発する機能が損なわれたり、発達上の問題などで言葉を身に付ける事が難しかったりします。

言語聴覚士は最も重要なコミュニケーション方法である「言葉」と「聞こえ」の改善を図り、生活を支えているのです。

福祉資格を取ろうよトップページへ戻る