福祉資格を取ろうよ!【福祉の仕事に就職・転職】

最終更新日: \n"; ?> 福祉資格のTOPへ → 心理カウンセラー│ サイトマップ

心理カウンセラー

心理カウンセラーとは

心理カウンセラーとは、「カウンセリング」と「心理学」と「心理療法」を用いて心理的に悩む人の心をケアする専門家です。

心理カウンセラーの必要性

今のストレス時代、うつ病などの心の病気になる方が年々増えています。 毎日がストレスとの戦いの社会では心の体調を崩しやすく、もし、うつ病になったとすると、その人や家族、また会社にも大きな痛手となりメリットは全然ありません。

病気を未然に防ぐ「未病」という言葉がありますが、心理カウンセラーはまさに「未病」がぴったりの資格です。 心理的に変調を感じる人の相談に乗り、ストレスから開放してあげることで大きな心の病気になることを事前に防ぎます。

仕事でのストレスを感じている人は数多くいます。ストレスを感じている人がいる限り、心理カウンセラーは必要とされています。

活躍の場

カウンセラーは、学校や企業、医療機関など多くの場所で相談員などとして活躍しています。 ストレスからくる「うつ病」の方などに接して、よく話を聴き、問題解決へと向かう心のスペシャリストとして多くの方を救っています。

また、フリーランスで相談に乗ることもできるでしょう。

心理カウンセラーの技術

まず、カウンセラーに必要なものとして「カウンセリング」技術があります。 これは、相手の話を良く聴く技術です。相手の状況をしっかり把握しなければ、効果的な解決法は生み出せません。 耳を傾け、相手の話に呼応しながら深く深く話を聴いてあげることが大事です。

次に、「心理学」も大事な知識となります。心理学は、どういったときにどういった行動を起こすかなど、人間の心理状態やその状態から取る行動様式などに関する学問です。 カウンセリングで相談者の状況を把握したなら、心理学を利用して問題を突き止めて問題解決に向かいます。

最後に「心理療法」の技術で相談者の体と心を正常な状態へ戻していくサポートをするのが、心理カウンセラーに求められています。

心理カウンセリングに関する資格

日本臨床心理カウンセリング協会が認定する「臨床心理カウンセラー」と「臨床心理療法士」があります。

そのほかには、日本NLP学園が認定する「NLPプラクティショナー」や上位の「NLPマスタープラクティショナー」という資格もあります。 特に、NLPはビジネス分野でも応用されている技術です。やり方次第では、心理カウンセラーを通じてビジネスフィールドへの参入も可能でしょう。

勉強するには&興味が沸いたなら

まずは、心理カウンセラーの具体的な内容と学習内容を知ることが第一歩です。そのためには、心理カウンセラーの通信講座の資料請求を使うのが手っ取り早いです。 通信講座の資料には、多くの情報が載っています。自分であれこれ探すより、断然早くて正確な情報が手に入ります。

資料請求をしたことが無い方は、「受講しなければいけない」と思うかもしれませんが、そんなことは決してありません。 ただ、パンフレットをもらうだけの感覚で配られているのが通信講座の資料です。

電話や訪問といった過剰な勧誘はありませんので、受講するかどうかは、送られてきた資料を見てから決めればOKです。 資料請求は無料でできるので、とりあえず情報収集のためにパンフレットだけは送ってもらいましょう。