福祉資格を取ろうよ!【福祉の仕事に就職・転職】

最終更新日: \n"; ?> 福祉資格のTOPへ → 視能訓練士│ サイトマップ

視能訓練士

視能訓練士とは

視能訓練士とは、視覚(見る機能)に障害をもつ人に対して、機能回復のための矯正訓練や検査を行う、視覚のスペシャリストです。

職場と仕事

視能訓練士の職場は、多くが病院(総合病院・眼科医院・診療所)やリハビリテーションセンターなどの医療機関のほか、保健所などに勤務しています。 また、医療研究機関のスタッフとして活躍している方もいます。

仕事の内容は、目の機能回復や検査などです。

視能訓練士のニーズ

高齢者社会が進み、視覚に障害を持つ方が多くなってきています。 そのため、視能訓練士のニーズが高まり、視能訓練士はニーズのある国家資格として注目されています。

視能訓練士の資格を取るには

資格を取るためには、指定された学校などで学習を積み、受験資格を得ることから始めます。 視能訓練士の受験資格として、一定以上の学習を積んでいることが必要なため、今すぐ簡単に受験できる資格ではありません。

福祉資格を取ろうよトップページへ戻る