福祉資格を取ろうよ!【福祉の仕事に就職・転職】

最終更新日: \n"; ?> 福祉資格のTOPへ → 歯科医療事務│ サイトマップ

歯科医療事務

歯科医療事務とは

歯科医療事務とは、医療事務と同じく病院や歯医者での受付やカルテ作成などを行います。医療事務の歯科版のような存在です。

歯科医療事務の活躍の場

歯科医療事務は、病院や歯科医で受付から会計、電話応対や予約のスケジューリングといった一連の接客業務や、カルテ作成などの事務補助をメインに行います。 医療事務と比べると、活躍の場は歯科医院のみに限られていますが、歯科医院は個人経営がため、経験が重視されることもあります。

また、歯科医院は数多くあるため職場は多いです。

医療事務との違い

歯科医療事務と医療事務の違いは、歯科医療事務は歯科医師や歯科衛生士の補助業務も行うことがある点です。 医療事務は事務に特化し、医師や看護師と一緒に医療サポートは行いません。

しかし、歯科医療事務は直接患者に接することはありませんが、歯科医療のサポートを行うことがあります。

合格が近くなる学習方法は?

歯科医療事務は、歯科医療に関する専門用語などを頻繁に使って仕事をしていますので、予備知識がなければ大変でしょう。 もし、福祉分野での経験がまったく無いのであれば、スクールや通信講座から始めるのがベストです。 中でも、独学より経費は少しかかりますが、通信講座がおすすめです。

通信講座の優れたメリットは、サポート体制が整っているところです。 独学だと分からないまま放置してしまう問題であっても講師に質問して回答を得られるので、しっかりとした知識が身に付き、合格へ一歩前進するはず。 メールでの質問もOKなので、分からないことがあったら夜質問して、仕事や勉強から帰って学習を再開するときには回答が届いているので、時間的なロスが少なくて済み、効率よく学習を進めることができます。時間に限りがある社会人や忙しい学生にとって、学習がスムーズに進むことはありがたいですね。

まずは情報収集が肝心です

学習を始める前に、どの勉強方法が自分に合っているか確認しておけば、途中で挫折することも少なくなるでしょう。 書店のテキストが安くても、分からないことばかりで途中で投げ出したのでは元も子もありません。 逆に、お金を払って通信講座に申し込んでも、やらずに放置してしまっては、お金がムダになってしまいます。 そんなムダを避けて合格への最短距離を進むためにも、学習に取り組む前に情報収集することが大事な第一歩です。

まずは、近くの書店に行ってテキストをペラペラめくってみましょう。そこで、自分一人でできるかどうかを軽くチェックしておきます。 それと同時に、通信講座の資料請求をしておきましょう。資料が届いたら一通り目を通して、独学と通信のどちらが自分に合っているか決めれば間違いありません。

資料は無料で請求できますし、意外な情報が手に入ることもあるので、やっておいて損はありませんよ。