福祉資格を取ろうよ!【福祉の仕事に就職・転職】

最終更新日: \n"; ?> 福祉資格のTOPへ → 理学療法士│ サイトマップ

理学療法士

理学療法士とは

理学療法士は、病気や事故で身体が不自由になった人の基本的な運動機能を回復させ、社会生活を取り戻せるようにすることを目的としています。

基本的な運動機能とは、腕や足の曲げ伸ばし・立つ、座る、歩く、走るなど基本的な日常動作のことを指します。

理学療法士の仕事

理学療法士は、医師の指導のもと、歩行や車いすの訓練、治療体操などの運動療法、電気療法、マッサージ療法などを行います。

また、障害が残った時に、在宅で生活を送るために手すりの設置や浴室・トイレ・廊下の段差の解消など、住宅のバリアフリー化や環境調整・在宅ケア(訪問リハビリ)も行います。

理学療法士は、個々に応じたリハビリプログラムを作り、実施することでして一日も早い社会生活への復帰や、予防運動を取り入れた疾病の重度化の予防を促しています。

福祉資格を取ろうよトップページへ戻る

理学療法士になるためには

理学療法士になるためには、専門の学校などで所要の単位を取得して卒業したあと、国家試験に合格しなければいけません。