福祉資格を取ろうよ!【福祉の仕事に就職・転職】

最終更新日: \n"; ?> 福祉資格のTOPへ → 精神保健福祉士│ サイトマップ

精神保健福祉士

精神保健福祉士とは

精神保健福祉士とは、精神保健福祉におけるソーシャルワーカーで、1997年に誕生した、国家資格です。 ストレス社会の現代、うつ病などの心の病気に悩まされている人は少なくありません。精神保健福祉士は、心の病で悩む方の相談に乗って援助活動を行います。

職場と仕事内容

精神保健福祉士は、保健所や市町村役場、医療機関、障がい者施設などで活躍しています。 公務員として働いたり、医療機関での相談業務、施設でのお手伝いなどさまざまな場所で活躍しています。

主な仕事の内容は、心に障害を持った人の相談援助や社会参加へのお手伝いです。 心の風邪を引いた方の声に耳を傾けて想いを汲み取り、その人を理解してあげることが大事です。

現代社会に必要な資格です

21世紀はこころの時代と言われていて、現代は一昔前と比べてストレスを受ける場面が多くなっています。 そのため、日々の生活で受けるストレスの量も多くなり、耐えられずに心が潰れてしまう人は跡を絶ちません。

ストレス社会によって、心に障害を抱えた人が多くなっていますが、こういった方々をサポートする専門職が精神保健福祉士です。

しかし、その反面、有資格者はまだまだ足りません。 精神保健福祉士は、心に病を持つ方の生活や社会的な問題の解決や社会参加の手助けなどを通じて、個人個人のライフスタイルを作り上げることを目標としています。 ストレス社会がどんどん進むにつれ、役割がますます大きくなっていく国家資格が精神保健福祉士です。

早めの受験を

精神保健福祉士の受験科目は、社会福祉士と半分程度重複しています。それにも関わらず、2つの資格では合格率に大きな違いがあります。 社会福祉士の合格率は30%台で推移している一方、精神保健福祉士は60%台で推移しています。

これは、社会福祉士と比べてまだ普及途中な資格であることも原因と考えられます。合格率が高いうちに受験することをお勧めします。

社会福祉士とのダブルライセンスが有効!

社会福祉士も精神保健福祉士も、相談業務に携わる資格という点は一緒。 ですから、相談という面から総合的な相談を受けるために両方の資格を持っていれば総合的な相談業務を展開できます。

それに、何と言っても、社会福祉士と精神保健福祉士の試験は、重複科目が半分近くあるんです。だから、勉強しやすいんですね。 しかも、片方の資格を持っていれば、もう片方を受験するときに重複科目が免除されます。ですから、ダブルライセンスはとっても有効なんです。

受験するためには

精神保健福祉士の試験を受験するためには、受験資格を得なければいけません。 そのためには、決められた大学などの教育機関で一定以上の学習を積むことで、初めて受験することができます。試験は5択です。

合格が近くなる学習方法は?

精神保健福祉士を目指す人の多くは、仕事をしながら勉強しています。 仕事をしながらだとスクールの受講は望めませんので、自分の生活スタイルを大きく変えずに空いた時間で学習に取り組める、書店のテキストを使った独学か通信講座がいいでしょう。 特に、独学より経費は少しかかりますが、通信講座がいいでしょう。

通信講座の優れたメリットは、サポート体制が整っているところです。 独学だと分からないまま放置してしまう問題であっても講師に質問して回答を得られるので、しっかりとした知識が身に付き、合格へ一歩前進するはず。 メールでの質問もOKなので、分からないことがあったら夜質問して、仕事から帰って学習を再開するときには回答が届いているので、時間的なロスが少なくて済み、効率よく学習を進めることができます。時間に限りがある社会人にとって、学習がスムーズに進むことはありがたいですね。

まずは情報収集が肝心です

学習を始める前に、どの勉強方法が自分に合っているか確認しておけば、途中で挫折することも少なくなるでしょう。 書店のテキストが安くても、分からないことばかりで途中で投げ出したのでは元も子もありません。 逆に、お金を払って通信講座に申し込んでも、やらずに放置してしまっては、お金がムダになってしまいます。 そんなムダを避けて合格への最短距離を進むためにも、学習に取り組む前に情報収集することが大事な第一歩です。

まずは、近くの書店に行ってテキストをペラペラめくってみましょう。自分一人でできるかどうかを確認するのに役立ちます。 それと同時に、通信講座の資料請求をしておきましょう。資料が届いたら一通り目を通して、どちらが自分に合っているか決めれば間違いありません。

資料は無料で請求できるので、やっておいて損はありませんよ。

福祉資格を取ろうよトップページへ戻る