福祉資格を取ろうよ!【福祉の仕事に就職・転職】

最終更新日: \n"; ?> 福祉資格のTOPへ → 高齢者に関する資格│ サイトマップ

高齢者に関する資格

介護福祉士介護福祉士
介護福祉士は、介護福祉唯一の国家資格です。

ケアマネージャーケアマネージャー
ケアマネージャーは、介護保険制度に必要な法律で定められた資格です。

福祉住環境コーディネーター福祉住環境コーディネーター
人気急上昇中。福祉と建築分野に精通した福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害を持つ方の快適な住まいを提案します。

高齢者コミュニケーター高齢者コミュニケーター
高齢者介護に必要な「聞く」「共感する」といった高齢者とのコミュニケーションテクニックを持つ人のことを高齢者コミュニケーターといいます。

介護予防運動指導員介護予防運動指導員
介護予防運動指導員は、介護保険制度において、介護がいらない高齢者が今後ともその状態を維持して、事前に介護状態から予防する役割を持っています。

介護職員基礎研修介護職員基礎研修
国が示す介護職員任用資格の介護福祉士への一本化に対応するための研修です。 介護職員基礎研修を修了するとホームヘルパー1級以上・介護福祉士以下のポジションを得ることができます。

ホームヘルパーホームヘルパー
根強い人気を誇るホームヘルパー。将来、介護職員は「介護職員基礎研修修了者」か「介護福祉士」でなければいけなくなる方針です。

ガイドヘルパーガイドヘルパー
目が不自由な方が外出するときに行動を援助するガイドヘルパー。目の代わりとなって外出支援をします。

サービス介助士(ケアフィッター)サービス介助士(ケアフィッター)
ホームヘルパーよりも簡易な手助けをするケアフィッター。主に家庭での介護に役立つでしょう。

福祉資格を取ろうよトップページへ戻る