福祉資格を取ろうよ!【福祉の仕事に就職・転職】

最終更新日: \n"; ?> 福祉資格のTOPへ → 介護予防運動指導員│ サイトマップ

介護予防運動指導員

介護予防運動指導員とは

高齢者が、介護の手を必要とすることなく活き活きと自立した生活ができるように、運動を通じて健康面のアドバイスやサポートを行います。 介護保険制度のうち介護予防サービスの中心となるエキスパートです。

介護予防指導員の必要性

高齢化が進むと、介護保険制度による介護を受ける方が増えてきます 現在、介護給付費が増加して財政を圧迫してきていますが、将来はますます負担が大きくなるだろうと見込まれています。

生活は、人の手を借りずに自分で行いたいもの。介護が必要な高齢者も、健康で自立した生活を送っている高齢者もそう願っています。

介護予防運動指導員は、高齢者の自立と生きがいのある生活を守るため、介護予防プログラムを考えて医療福祉分野で実践していくために欠かせない存在です。 また、要介護状態になることを未然に防ぐため国の財政にも優しくなれますから、高齢者の生活はもとより、自分たちの生活を間接的に守っていくことにもなります。

職場と仕事

介護予防指導員は、福祉施設で個人ごとに応じた介護予防プログラムの立案と実施をします。また、筋力増強や身体バランスなどの指導やサポートも行っています。

介護予防プログラムは効果的なものを立案しなければいけません。そのために、プログラムの事前評価と事後評価により、効果を把握してよりよいプログラム作りに役立てることも大事です。指導員の指導によって、ズボンがはけるようになったり外出の回数が多くなったなど喜びの声も聞こえてきます。

将来性

利用者が増え続けている介護保険制度に基づく資格なので、これからもニーズが高まるでしょう。 サービス利用見込みに対して、介護予防のスキルを身につけたヘルパーはまだ十分とはいえません。 いち早く介護予防運動指導員の資格を取り、多くの業務に携われるプロの介護専門職を目指すことができます。

講座の受講要件

介護予防指導員の資格を取るためには、次の資格を保有していることが条件となっています。

資格を取るなら

介護予防指導員になるための資格試験は特にありません。講習会を主催する団体の講座を受講して、講座中に実施される修了試験に合格すれば介護予防指導員になることができます。

まずは、講習会の主催団体を探すところから始めましょう。基本的に、医療福祉系の専門学校などで講習会を実施しています。 こちらで、お近くの講習会主催者から講座の開講案内を送ってもらうことができますので、ご活用ください。