福祉資格を取ろうよ!【福祉の仕事に就職・転職】

最終更新日: \n"; ?> 福祉資格のTOPへ → 介護職員基礎研修│ サイトマップ

介護職員基礎研修

介護職員基礎研修とは

現在、介護職員として働く方の多くはホームヘルパー資格を持った方です。しかし、介護職員の質的向上を目指すために、介護にたずさわる人が持つ資格は介護福祉士へ一本化する方針が厚生労働省から打ち出されました。

将来、ホームヘルパー資格では介護のお仕事ができなくなるでしょう。そこで、国家資格である介護福祉士ではないけれども、介護職員としての就業要件として位置づけられている資格が「介護職員基礎研修」です。

つまり、介護の現場でお仕事するためには、最低でも介護職員基礎研修を終えていなければいけません。

活躍の場

介護職員基礎研修を受ければ、ホームヘルパーと同じく訪問介護事業所などに勤務することができます。

将来の介護就業

将来は、介護福祉士に一本化されることになっていますが、介護職員基礎研修は、ホームヘルパー1級と2級を統合して内容を充実化したものとなります。 介護福祉士に移行するまでの間、介護職員基礎研修の修了者が介護の現場でお仕事できるとされているため、早いうちに介護福祉士の資格を取得するか介護職員基礎研修を修了しておく必要があります。

介護職員基礎研修でステップアップ

介護福祉の経験が無い方や、ホームヘルパーとして活躍している方のステップアップ手順は、いくつかあります。

ホームヘルパーとして3年以上の実務経験がある

介護福祉士の資格試験を受講することができるので、国家資格である介護福祉士を目指した方がいいでしょう。

実務経験が3年未満のホームヘルパー

介護職員基礎研修を受講して、介護職員としての質を高めておけば、ヘルパーの就労ができなくなったときでも安心です。

これから介護福祉で働こうとする方

いつホームヘルパーが介護就労できなくなるか分かりません。介護職員基礎研修を受けておけばひとまず安心です。

なお、介護職員基礎研修の修了者が介護福祉士にステップアップできるかどうかは、まだ決まっていません。

ホームヘルパーを3年以上経験していれば介護福祉士にステップアップできますが、経験年数が少ないのであれば、介護職員基礎研修を視野に入れておいた方が安心でしょう。 ヘルパーの就業ができなくなっても対応できますし、その前に介護福祉士試験の受験資格を得られる経験年数に達するかもしれません。 ヘルパーとしての経験年数が3年に到達しそうならば、ハードルは高くなりますが、3年を待ってから介護福祉士試験にチャレンジするのがベストです。

ヘルパー資格で講習が一部免除!

500時間の講習を受ければ介護職員基礎研修は修了となりますが、ホームヘルパーとしての経験があれば、研修の一部が免除されます。

ヘルパー2級で実務経験が1年未満であれば150時間が、1年以上であれば350時間が免除されます。

ヘルパー1級の方は、440時間が免除されます。

ヘルパー2級の方は、実務経験が1年に達するのを待ってから研修を受講すれば負担が少なくなります。

研修を受講するためには

介護職員基礎研修は、ホームヘルパーと同じように研修を修了する必要があります。そのためには、介護福祉系のスクールが開催する介護職員基礎研修を受講しましょう。

まずは、お住まいの近くの講習会主催者を探すことが先決です。

こちらから、お近くの講習会主催者から講座の開講案内を送ってもらうことができます。わざわざ講習会を探す手間が省けますので、どうぞご活用ください。