福祉資格を取ろうよ!【福祉の仕事に就職・転職】

最終更新日: \n"; ?> 福祉資格のTOPへ → 介護福祉士│ サイトマップ

介護福祉士

介護福祉士とは

介護福祉士とは、1987年に制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」で定められた国家資格です。 高齢者や体が不自由な方が入所している施設など、介護現場の最前線で入所しているみなさんと直接ふれあいながら介護の仕事をする唯一の国家資格であり専門職です。

介護福祉士の職場と仕事

全国には、特別養護老人ホームや障がい者入所施設など数多くの入所・通所型福祉施設があります。 介護福祉士は、主にこういった施設や訪問介護事業所(ホームヘルパー事業所)に勤務して、利用者へ介護の手を差しのべます。

仕事の内容は、食事や身支度などのお手伝いをしたり、買い物のお手伝いなどさまざまです。 健康な人にとっては日常的なことでも、お歳を召した方や体が不自由な方にとっては難しく生活が大変なため、生活のサポートがメインとなります。

介護福祉士の将来性

高齢化・核家族化といった社会の変化とともに、介護福祉士のニーズは高まってきています
高齢化や核家族化が進むと家庭での介護力が低くなるため、介護のプロにお願いをする必要があるからです。また、高齢化によって介護が必要な方が増えると予想されています。

そのほか、現在では議論は下火になりましたが、介護の質を高める国の施策として、在宅介護の主力であるホームヘルパーに代わって介護福祉士の資格を必要とする動きがあります。もし、これが現実になるのであれば、介護福祉士はこれからますます重要な資格となるでしょう。

ホームヘルパーとの違い

介護福祉士もホームヘルパーの両方とも、介護に携わるという面では一緒ですし、仕事の内容もさほど違いはありません。では、どこがどう違うのでしょうか。

介護福祉士とホームヘルパーの決定的な違いは、資格の認定です。ホームヘルパーは公的認定資格といわれるもので、誰でも受講できる一定の講座を受ければ講座の主催者が資格を認定するというものです。
しかし、介護福祉士は、ある一定の経験等を積んで受験資格を取得したのち、資格試験に合格しなければいけない介護福祉分野唯一の国家資格です。

なお、介護福祉士はケアワーカーとも呼ばれ、福祉ニーズに対応し、介護の充実と強化を図る役割を担っています。

高い合格率

介護福祉士の国家試験は、現在のところ合格率が40%以上と高くなっています。
介護福祉士がまだまだ少ないため、有資格者を多く輩出するためなのかもしれませんが、いつまでも高い合格率で推移する保証はありませんので、今のうちに受験しておくことが賢明です。

介護福祉士の声

介護福祉士資格を持つ方の、仕事に対する感想などを聞いてみました。

仕事の内容はどうですか?
慣れればなんてことないけど、最初は肉体的に大変だよ。

介護の職場って楽しいですか?
人それぞれじゃないかな〜。話相手になってあげることがよくあるんだけど、高齢者って知識の宝庫だよね。だから、いろんなことを知ることができて楽しいよ。

仕事上苦労することはなんですか?
新しい利用者さんが来たとき、どんな人なのか、趣味や好きなもの、持ち物などを覚えたりするのが大変かな〜。でも、やってるうちに楽しくなるよ♪

給料が安いみたいですが?
それは聞かないでください(笑)

ホームヘルパーさんとの仕事の違いはありますか?
いや、無いと思う(笑)。けど、国家資格の介護福祉士の方が資格的には有利なんじゃないかな。 事業所で介護員を採用するとき、国家資格があれば有利に働くと思うよ。ほら、施設で職員を採用するとき、社会福祉士資格を持っている人を採用したがるのと一緒じゃないかな。

社会福祉士を持っておいた方がいいんですよね?
取れるなら取るべき。国の施策でヘルパーじゃ介護が務まらなくなるかもしれないからね。早めに取っておいた方がいいよ!

合格が近くなる学習方法は?

介護福祉士を狙う人は、専門の学校で学んでいる方か、介護の現場で仕事をして経験を積みながら受験を目指す方のどちらかでしょう。 スクールで学んでいる方ならそこで勉強を続ければいいでしょう。しかし、仕事をしながら資格取得を狙う方にとって、仕事をしながらスクールを受講しようと思っても時間や場所が縛られる点がネックになります。仕事や家庭の事情でスクールに通えないこともあるでしょう。

ですから、学習をするなら、仕事を続けながら生活スタイルを大きく変えずに空いた時間で学習に取り組める、書店のテキストを使った独学か通信講座がいいでしょう。 福祉分野に身を置いていれば、テキストの内容も掴みやすいはずなので独学でも合格は可能です。

しかし、、テキスト独学より経費は少しかかりますが、通信講座をおすすめします。

通信講座の優れたメリットは、サポート体制が整っているところです。独学だと分からないまま放置してしまう問題があれば、講師に質問して回答を得られるので、しっかりとした知識が身に付き、合格へ一歩前進するはず。メールでの質問もOKなので、分からないことがあったら夜質問して、仕事から帰って学習を再開するときには回答が届いているので、時間的なロスが少なくて済み、効率よく学習を進めることができます。仕事のかけもちですから、スムーズに勉強を進めたいですね。

まずは情報収集が肝心です

学習を始める前に、どの勉強方法が自分に合っているか確認しておけば、途中で挫折することも少なくなるでしょう。 特に、仕事をしながらだと限られた時間は有効に使いたいもの。 書店のテキストが安くても、分からないことばかりで学習がはかどらなくなって途中で投げ出したのでは合格が遠のいてしまいます。

逆に、お金を払って通信講座に申し込んでも、やらずに放置してしまっては、お金がムダになってしまいます。 そんなムダを回避して合格への最短距離を進むためにも、学習に取り組む前に情報収集することが大事な第一歩です。

まずは、近くの書店に行ってテキストをペラペラめくってみましょう。自分一人でできるかどうかを確認するのに役立ちます。 それと同時に、通信講座の資料請求をしておきましょう。資料が届いたら一通り目を通して、どちらが自分に合っているか決めれば間違いありません。

福祉資格を取ろうよトップページへ戻る