福祉資格を取ろうよ!【福祉の仕事に就職・転職】

最終更新日: \n"; ?> 福祉資格のTOPへ → 福祉住環境コーディネーター│ サイトマップ

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害をお持ちの方にとって住みやすい住まいを環境を提案するアドバイザー。
在宅生活が不自由になっても、住みなれた所に住みたいと要望する方は数多くいらっしゃいます。 福祉住環境コーディネーターは、体が不自由な方が家族と一緒に好きな場所で有意義な生活を送れるよう、福祉と建築の架け橋役として活躍します。

職場と仕事の内容

福祉住環境コーディネーターの活躍の場は福祉分野。福祉用具メーカーや販売店でも活躍している方もいます。 体が不自由な方が制限される行動や動作を熟知しているので、使いやすく適切な住宅改修プランを提示したり、福祉用具などについても的確なアドバイスをします。

また、福祉住環境コーディネーターは、福祉分野だけではなく、建築現場でも活躍しています。 工務店やリフォーム会社では、福祉住環境コーディネーターが窓口となって工事を進めることもあります。

それもそのはず、福祉住環境コーディネーターは、医療・福祉・建築の幅広い知識を身につけているので、オールマイティに活躍できるのです。 介護に困っている人や生活に不便さを感じている人が住宅をリフォームするとき、福祉と建築の両方の知識を持つ人に相談すれば解決が早いですよね。 そのため、福祉住環境コーディネーターは建築の分野でも一目置かれる存在となっています。

資格の有効活用もしやすい

福祉住環境コーディネーター資格を持つ方の中には、ケアマネージャーとのダブルライセンスで業務の幅を広げて活躍する方もいます。 福祉と建築の両方に深い知識があるからこそ、高齢者のみなさんたちのニーズを一手に引き受けることができるようになるんですね。

福祉住環境コーディネーターは、介護保険制度においてケアマネジャーと連携して活動することが多く、高齢者の住宅改修に大きく関わっています。 介護保険制度を利用して住宅を改修することができるため、福祉住環境コーディネーターとケアマネージャーには深い関係があるんです。

もちろん、住宅関連資格とライセンスを併用すれば、本当に住みやすい住宅を提案してくれる、みなさんに感謝してもらえる存在になれるでしょう。

実生活にも役立つ!

福祉・介護・建築の分野に精通する知識を持ち合わせているのが特徴の福祉住環境コーディネーター。就職や転職の幅も大きく広がることでしょう。

また、住まいをよりよくするためには、福祉用具や介護用品、家具の選択と利用法についてはもちろん、バリアフリー住宅への新築・建て替え・リフォームや福祉施策や福祉・介護・保健サービスについても熟知する必要があります。 この知識は、自宅を使いやすくしたり、介護が必要な方と同居しているとプライベートにも役立ちますね。 仕事にもプライベートにも活躍する一石二鳥の資格が、福祉住環境コーディネーターです。

福祉住環境コーディネーター資格保有者へのインタビュー

実際に資格を持ち、福祉分野の仕事で活躍している方にインタビューしてみました。

取ろうと思ったきっかけを教えてください。
福祉の仕事をしているのですが、住宅改修のアドバイスができるかと思ってチャレンジしました。

勉強方法を教えてください。
通信講座で半年ほど勉強しました。

途中で挫折しそうになりませんでしたか?
なかったですね。通信講座を途中でやめると、お金がもったいないので(笑)。モチベーション維持にはピッタリでした。

試験はどうでしたか?
思ったよりはラクだった気がしますね。おぉっ、結構解けるぞって!

仕事でのお役立ち度を教えてください
ケアマネの仕事の役に立ってます。仕事がスムーズになりましたし、相手の役に立ててるなって実感できます。住宅業界でも使える資格だと思いますよ。

プライベートでも役立つと聞きましたが?
家の作りや家具を見る目が変わりましたね。実用性や使い勝手を見極められるようになりました。

取ってよかったと思うところはありますか?
仕事だけじゃなく、プライベートにも使えるところですね。将来、マイホームを建てるときにも活かせそうです。

取らなくてもよかったと思いますか?
ありませんよ。あ〜、資格手当てがあればいいなぁとは思います(笑)

これから取得を目指す人へ一言お願いします。
やれば結果が付いてくる資格なので、チャレンジする価値あります。がんばってください!

受験のハードルが低いことが特徴

福祉系資格の多くは、受験資格として大学の卒業や福祉分野での実務経験が求められていますが、福祉住環境コーディネーターは、受験制限は一切ありません。ですから、ニーズが高まっている福祉分野での経験がなくてもすぐに活躍することができるほか、建築現場での活用もできるため、とても人気の資格となっていて、受験者は毎年増加しています。

合格が近くなる学習方法は?

福祉住環境コーディネーターは、趣味と実益を兼ねた魅力的な資格です。仕事をしながら受験を目指す方が多いでしょう。 仕事をしながらの勉強のネックは、スクールを受講する場合は時間や場所に縛られる点です。仕事が忙しかったり、家庭の事情でスクールを休むこともあるでしょう。

そこで、自分の生活スタイルを大きく変えずに空いた時間で学習に取り組める、書店のテキストを使った独学か通信講座がいいでしょう。 中でも、テキスト独学より経費は少しかかりますが、通信講座をおすすめします。

通信講座の優れたメリットは、サポート体制が整っているところです。独学だと分からないまま放置してしまう問題があれば、講師に質問して回答を得られるので、しっかりとした知識が身に付き、合格へ一歩前進するはず。メールでの質問もOKなので、分からないことがあったら夜質問して、仕事から帰って学習を再開するときには回答が届いているので、時間的なロスが少なくて済み、効率よく学習を進めることができます。福祉・介護・建築と幅広いジャンルを学習しなければいけないので、スムーズに勉強を進めたいですね。

まずは情報収集が肝心です

学習を始める前に、どの勉強方法が自分に合っているか確認しておけば、途中で挫折することも少なくなるでしょう。 書店のテキストが安くても、分からないことばかりで途中で投げ出したのでは元も子もありません。 逆に、お金を払って通信講座に申し込んでも、やらずに放置してしまっては、お金がムダになってしまいます。 そんなムダを回避して合格への最短距離を進むためにも、学習に取り組む前に情報収集することが大事な第一歩です。

まずは、近くの書店に行ってテキストをペラペラめくってみましょう。自分一人でできるかどうかを確認するのに役立ちます。 それと同時に、通信講座の資料請求をしておきましょう。資料が届いたら一通り目を通して、どちらが自分に合っているか決めれば間違いありません。

福祉資格を取ろうよトップページへ戻る