福祉資格を取ろうよ!【福祉の仕事に就職・転職】

最終更新日: \n"; ?> 福祉資格のTOPへ → 保育士│ サイトマップ

保育士

保育士とは

保育士とは、言わずと知れた保育園で活躍する保育のエキスパート。子供の体と心を育みます。
以前は『保母さん』『保父さん』と呼ばれていましたが、平成11年4月に児童福祉法が改正されて『保育士』に改められました。 今では、男性の保育士も多くなってきています。

保育士の仕事

保育士の仕事は、共稼ぎなどで子供の面倒を見ることができない両親に代わって、保育園などで子供の健やかな成長を助けるのが仕事です。 朝から晩まで、園児との遊びやふれあいと通して、喜び・楽しみ・悲しみなどを共有し、園児の体と心を育んでいます。

ピアノなどの楽器を弾けたり、折り紙や空き箱などの思いもよらない物から、楽しいおもちゃやお飾りなどを作ったり、創造性に富んだ仕事です。 どんなものを作れるのか、保育士としての腕の見せどころですね!

優しさと創造性を発揮できる仕事が、保育士です。

保育士の職場

保育士の職場は主に保育園ですが、サービスの多様化により、デパートや職場での社内保育など活躍の場が広がっています。 中には、保育士資格を活かしてベビーシッターとして個人的に活躍している人もいます。

現代は少子化の時代ですが、サービスの多様化によって保育士の需要は高いといえます。

保育士資格の受験

保育士資格の試験は、単位制となっています。試験科目は10教科と多いですが、単位制を導入しているので一度に全部合格する必要はありません。 一度合格した科目は3年間有効なので、受験科目を絞って3年かけて合格することも可能です。

勉強方法は?

保育士試験は、合格率が全国平均で12パーセントほどの難関資格。 独学での勉強もいいですが、効率よく合格するためには、苦手科目や分からない問題を解決しやすい「スクール」か「通信講座」を利用したほうがよさそうです。

特に、通信講座は「好きなとき」に「好きな場所」で「好きなペース」で勉強できるのがいいですね。 忙しい合間をぬって自分の生活リズムに合わせた勉強ができるのでオススメです。

福祉資格を取ろうよトップページへ戻る