福祉資格を取ろうよ!【福祉の仕事に就職・転職】

最終更新日: \n"; ?> 福祉資格のTOPへ → 学習法のメリットとデメリット│ サイトマップ

学習法のメリットとデメリット

資格試験の学習方法はいろいろありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。ここでは、独学・スクール・通信の3つについて、表形式で分かりやすくメリットとデメリットをお伝えします。

勉強方法独学スクール通信説明
費用×独学はほぼテキスト代のみ
継続性×やる気にもよります
問題点解消×通信はメール等を利用できます
勤務後学習×学生は学校の終業時間によります
自己ペース×スクールの予習は可だが授業が進まない
移動時間×独学・通信はいつでもどこでも学習OK
進捗管理×通信は講座によって定期的な添削がある
サポート×通信はメール・電話にてサポート対応あり
最新情報×独学は自ら収集すればOKだが時間ロス大
受講期間××スクール・通信はスタート時期が決まっている
法改正対応×独学は別途経費で官報を購読する必要あり
仲間作り×通信はメーリングリストでコミュニケション可

それぞれに一長一短がありますが、初めて学習に取り組む方や独学で失敗続きの方にとってコストパフォーマンスが一番高いのは通信講座です。

初挑戦で、学習前から相当程度の知識と経験を持ち大きなアドバンテージがあれば、独学が一番です。

スクールは、お金も費用もかかりますが、自然と学習が進みます。スケジュールの自己管理が苦手な方におすすめです。