福祉資格を取ろうよ!【福祉の仕事に就職・転職】

最終更新日: \n"; ?> 福祉資格のTOPへ → ガイドヘルパー│ サイトマップ

ガイドヘルパー

ガイドヘルパーとは

ガイドヘルパーとは、ホームヘルパーとは違って障がい者が外出する時に介護する人のことをいいます。 目や全身が不自由な方が外出するときヘルパーが必要になりますが、こういった方の介護はガイドヘルパーでなければいけないことになっています。

ガイドヘルパーの必要性

ガイドヘルパーの資格単体では、ニーズが極端に低いと言えます。 しかし、ガイドヘルパーの資格がなければ、目や全身が不自由な方の外出介護はできませんから、サービスの低下と事業所の収益機会の損失につながります。 よって、ホームヘルパーや介護福祉士の資格を持った方がガイドヘルパーの資格を得る、いわゆるダブルライセンスで活用することが効果的です。

実際、ホームヘルパー2級以上の方を対象として、ガイドヘルパーの講座が開講されています。

資格を得るためには

ガイドヘルパーは、ホームヘルパー同様に講習を受ければ無試験で資格を取得できます。 まずは、講習会主催者を探すところから始めましょう。基本的に、医療福祉系の専門学校などで講習会を実施しています。

こちらで、お近くの講習会主催者から講座の開講案内を送ってもらうことができますので、ご活用ください。