福祉資格を取ろうよ!【福祉の仕事に就職・転職】

最終更新日: \n"; ?> 福祉資格のTOPへ → 高齢者コミュニケーター│ サイトマップ

高齢者コミュニケーター

高齢者コミュニケーターとは

高齢社会の今、高齢者とのコミュニケーションはとても大事なスキルです。高齢者コミュニケーターは、聴いて共感して高齢者とスムーズなコミュニケーションを取るスキルを持った人です。

必要とするシーン

高齢化によって、ホームヘルパーによる介護を利用する人が多くなりました。ホームヘルパーの仕事は、身体介護や家事援助ですが、スムーズに行うためには相手の意見や要望を聞いて適格に進めなければいけません。しかし、高齢者との会話に広がりを持たせるのが難しいと思っている人はいっぱいいます。

そこで、高齢者コミュニケーターのスキルが役立ちます。高齢者の興味などを聞き、共感して話を広げて楽しい時間を過ごしながらヘルパーとしての仕事も円滑に行うことができるようになるでしょう。

ヘルパーだけではなく、高齢者と接する仕事に携わっている方なら、誰でも持っていて損はないスキルです。

話を広げるテクニック

「傾聴」(けいちょう)という、相手の話に耳を傾け共感してあげるテクニックがあります。人は自分が受け入れられれば壁を取り除く傾向があります。傾聴によって相手の言うことに共感して賛同し受け入れることで、あなたは相手に信頼してもらうことができるようになります。一度壁を取り除いてもらえれば、いろんな話で盛り上がることができます。

具体的には、もっといろいろな手法を使って高齢者にアプローチをしていくのですが、詳しくは通信講座のテキストに書いてありますよ。

高齢者コミュニケーターの学習に取り組みたい!

高齢者コミュニケーターの学習をするなら、通信講座で取り組むことになります。

まずは、講座の概要が分かるパンフレットをもらいましょう。こちらから、無料でパンフレット(資料)を請求することができますのでお役立てください。とりあえず資料をもらってから、受けるか受けないか決めるようにすればいいですよ。